美容ドリンクノウハウ

はじめに

化粧品でお肌の外側からアンチエイジングを試みてる方は多くいますが、体の内側からケアをしている方は少ないように思います。私も初めは半信半疑でしたが実際に試してみるとその疑念はどこかへ行ってしまいました(笑)。これだけ実感が出来るものならもっと早くに試してみるべきだったとも思いましたが、やはりとっつきにくさはあると思います。「自分に合ったものなのか分からない」「種類が多すぎて選べない」「値段が高い」など様々な理由でなかなか手に取れない方もいると思いますが、美容ドリンクに含まれる成分を知る事である程度自信を持って選べるようになると思います。ここでは美容ドリンクに含まれる主な成分について紹介しているので参考にしていただければ幸いです。
もし今すぐ人気の美容ドリンクを試したい方は「美容ドリンクランキング」で比較してみるのがおススメです。

 

美肌に必要な成分が詰まった「プラセンタ」

美容成分としてまず紹介したいのは「プラセンタ」です。プラセンタは英語で胎盤を意味しますが、胎盤には胎児を育てるために必要な栄養が沢山詰まっています。この豊富な栄養を持つプラセンタに美容効果がある事が分かり美容ドリンクに利用されるようになりました。プラセンタにはアミノ酸、ビタミン、ミネラルの他にEGF(上皮成長因子)とFGF(線維芽細胞増殖因子)が含まれているため、美容成分の王様と言っても言い過ぎではないかもしれません。

 

EGFって何?

EGF(Epidermal Growth Factor)は日本語で上皮成長因子と呼ばれ、かつては火傷後の皮膚再生など医療分野で使われているものでした。発見当初のEGFの価格は1グラムで8000万円というとてつもない金額でしたが、技術の進歩により化粧品や美容ドリンクなど私たちの身近なものとして利用できるようになりました。

 

EGFは表皮にある細胞を活性化させお肌の新陳代謝(ターンオーバー)が促進されることで新しいお肌に作り替える働きがあります。20代の若いうちはおよそ28日周期で新しいお肌に生まれ変わりますが、加齢によってこの周期が徐々に長くなっていくため古いお肌が残りやすくなってしまいシミやくすみが目立つようになってきます。EGFによってお肌のターンオーバーが28日周期に近づくことで若い頃のような透き通るような白い肌に近づける事が出来るでしょう。

 

FGFって何?

FGF(Fibroblast Growth Factor)は日本語で線維芽細胞増殖因子と呼ばれ、EGFがお肌の表皮で作用するのに対しFGFは表皮より内側の真皮で作用します。真皮には「線維芽細胞」と呼ばれる組織があり、真皮の細胞を支えるコラーゲン、保水をすることでお肌の保湿を担うヒアルロン酸、ハリを保つのに必要な弾力性のあるエラスチンの3つを生産しています。線維芽細胞の働きは加齢や活性酸素によるダメージで鈍っていき、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの生産量が落ちることでお肌のハリや潤いが失われ、お肌の乾燥やシワやたるみの原因になります。FGFはこの線維芽細胞を活性化させることで正常な働きを取り戻すことで、ハリや潤いのあるお肌になりシワやたるみを解消してくれます。

 

 

保湿成分でもちもちとした潤う肌へ

寒い季節や夏場のエアコンなどで乾燥してしまいガサガサのお肌のに悩んでいる方も多いと思います。お肌が乾燥しているとお化粧乗りが悪かったり、かゆみが出てきたりして辛いですよね。美容ドリンクにはお肌の保湿力を高める成分もあるので乾燥しがちな方はチェックしておきましょう。

 

お肌が乾燥する原因

  • 紫外線
  • 湿度が低い
  • 加齢
  • 栄養不足
  • 生活習慣の乱れ  など

 

 

ヒアルロン酸

保湿成分として一番有名なのはヒアルロン酸だと思います。多くの化粧品などの美容商品に使われているため保湿と言えばヒアルロン酸とすぐに思い浮かぶでしょう。ヒアルロン酸は真皮にあり、線維芽細胞によって生産されていて、たった1グラムで6リットルもの水を蓄えておく事が出来ます。この強力な保水力によってお肌を保湿する働きをしています。またヒアルロン酸はお肌だけでなく関節や目などにも存在していて各組織の稼働をスムーズにする働きもしています。ヒアルロン酸は食事から摂取することが難しく、摂取したとしても分子量が大きいため体内への吸収が悪いため、効率よく取り込むには美容ドリンクや美容サプリを利用するのが良いでしょう。

 

セラミド

セラミドは真皮より外側の表皮に存在し、細胞の隙間を埋めている細胞間脂質の主成分です。隙間なく埋める事によって外部からの異物侵入や水分が蒸発していくのを防いでいます。化粧品やサプリメントに含まれているのは海藻やお米を原料とした植物性セラミドが一般的で、お肌の一番外側の層に存在するので美容ドリンクだけでなく化粧品による外側からのケアも有効です。

 

プロテオグリカン

保湿成分として注目を集めているのがプロテオグリカンです。プロテオグリカンは発見当初は貴重なもので1グラム3000万円もする大変高価なものでしたが、サケの鼻軟骨から低コストで大量に抽出する事が出来るようになったため化粧品やサプリメントに配合され私たちでも手軽に利用できるようになりました。プロテオグリカンの持つ保水力はヒアルロン酸より30%ほど高く、コラーゲンやヒアルロン酸の生産を促す働きもあるので更に保湿力が高まり、シワやたるみを防止してくれます。そしてプロテオグリカンにはEGF様作用もあるためお肌のターンオーバーに対しても働きかけ、新しいお肌ができる周期を短縮することでシミやくすみを減らし白い肌へと導いてくれます。更に抗炎症作用もあるため肌荒れやニキビの予防にもなります。

 

 

ビタミンCの美肌効果

「ビタミンCがお肌にいい」となんとなく知っている人は多いと思いますが、実際にどういった効果があるのかを理解している人はあまりいない気がします。ビタミンCの持つ美肌効果を知って利用していきましょう。

 

ビタミンCでシワやたるみを改善

お肌のハリを出すにはコラーゲンが必要ですが、活性酸素や加齢によってその生産量を徐々に落ちていくためお肌の老化現象としてシワやたるみが目立つようになってきます。コラーゲンはお肌の内部で生産されていますが、その生産時に必要なのがビタミンCなのです。いくら美容成分を摂ったとしてもビタミンCが不足していてはお肌のハリには繋がりません。美容ドリンクには美容成分の他にビタミンCが含まれている事が多いのでバランスよく摂る事でコラーゲンの生産力を高める事が出来ます。

 

活性酸素を除去する働き

活性酸素は適量であれば抗菌効果がありますが、増えすぎると細胞を酸化させてしまい様々な病気の原因になります。ビタミンCには抗酸化作用があるため紫外線やストレス、喫煙などによって体内に増えすぎた活性酸素を除去してくれます。また、喫煙は活性酸素を増やすだけでなくコラーゲンの生産に必要なビタミンCを減らしてしまうため美肌を目指すのであれば禁煙するようにしましょう。